インサイドセールスとは?

インサイドセールスとは、見込み顧客(リード)に対して、メールや電話、オンラインのツールなどを活用しながら非対面で行う営業活動を行うことです。反対に訪問して直接対面にて営業を行うことをフィールドセールスと呼びます。インサイドセールスの特徴は見込み顧客に対して、オンラインツールを活用することで、スピード感ある顧客対応ができます。顧客の検討段階でもアプローチを行うことができるため、非対面で費用対効果の高い営業手法として企業に取り入れられております。

しかしコロナ禍になり対面することが困難になったため、従来のフィールドセールスもオンラインを活用した営業スタイルに変わりつつあります。そのため、役割分担としてインサイドセールスとフィールドセールスを利用される場合があります。インサイドセールスはアポイント~商談の成立を主に担うため、市場調査、ターゲットの設定や商談後の契約、契約後のアフターフォローなどの連携が重要となってきます。マーケティングと協力する場合はセミナーやイベントでリードした顧客に対してアプローチがかけられます。

フィールドセールスとの連携に注力できれば、より深く顧客とコミュニケーションが取ることができ、商談の成立も成功する可能性が高まります。上記のように各部署と連動していくことが重要であり、KPを設定して成果を上げていくことが求められております。インサイドセールスの導入の経緯は前述の新型コロナウィルスによる対面での接触が困難になった他、企業の人手不足、働き方の変化(効率化)によるもの、ECサイトやサブスクリプションでのビジネスモデルの増加などが挙げられます。時代の変化とともに近年導入する企業も増えてきております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です