インサイドセールスの基本的知識とメリットについて

インサイドセールスはその名の通り電話やメールやウェブ会議ツールなどを用いて、見込み顧客に対して行う内勤での営業活動を行う方法です。これまで主流だった外勤営業は、フィールドセールスと呼ばれています。顧客先への訪問はせずに、内勤の営業スタイルとなり近年流行した感染症対策の一環として取り入れる企業も増えてきていてまだ導入していないという企業からも年々注目度が高まっている営業手法です。従来の外勤営業との違いとして挙げられるのが、インサイドセールスはより分業化された営業手法である点です。

従来の外勤営業はターゲットとなる顧客の選定からアプローチや商談、そして契約までを1人の担当者が行う流れが主流となっていました。インサイドセールスはまず見込み顧客との関係を作り、アポイントを獲得する所に重きが置かれているのが特徴です。インサイドセールスを導入する大きなメリットの1つが、分業化による分析の効率化と他の担当者との共有によりスムーズなセールスに繋げることが可能です。インサイドセールスと一括にしてもその中で顕在層と呼ばれる、購入意欲が高い顧客への反響型の営業と潜在層と呼ばれる購入意欲がまだ分からない状態の新規開拓型営業に分かれます。

それぞれの営業方法もより直接的なアプローチをすることや、まずは企業のキーパーソンへの電話やメールなどの営業方法があります。顧客の情報の共有や適切なデータ管理などを行う為に、営業支援ツールと併用して上手に利用していけば収益の増加に直結するセールス方法であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です