顧客のニーズを掴むインサイドセールスについて

インサイドセールスは電話やメール、チャットなどを使い非対面で行う営業スタイルです。従来はスタッフが直接的に顧客を訪問するフィールドセールスが一般的でした。しかしフィールドセールスは時間と手間がかかるため、取引の成立する可能性が低い顧客が後回しになってしまいます。多様化した顧客のニーズを掴むには、対面で行うフィールドセールスだけでなくインサイドセールスによる非対面かつ継続的な情報発信が重要になります。

取引が成立する可能性が低い顧客にも継続的な情報発信を行えば、成約意欲を高めて案件の受注につなげることができます。企業が使うことができるスタッフの数は限られており、スタッフが使える時間も限られています。フィールドセールスが主流だった従来の営業スタイルでは、重要度の低い顧客のニーズを逃す可能性がありました。営業担当のスタッフはアポイントの獲得や案件化、提案や受注などを1人でこなさなければなりません。

限られた時間を有効に活用して効果的な営業活動を行うには、重要度の高い顧客に集中的にフィールドセールスを行う必要があります。インサイドセールスは案件化に至るまでの営業プロセスの一部を担当するため、営業担当スタッフの負担を軽減できます。非対面で継続的に多くの顧客に対して情報発信を行い、成約意欲を高めてフィールドセールスに引き継ぎます。顧客の細かなニーズも掴んで売上を増加させるため、多くの企業でインサイドセールスが行われています。

インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です