インサイドセールスという新しい営業のかたち

企業における営業は顧客獲得に欠かせない重要な活動ですが、以前は「営業マンは足で稼ぐ」などとも言われていた通り、相手先を実際に訪問してさまざまなプロモーションを行うというのが営業活動の主流でした。しかし現在では、これとは違った形の営業手法も注目されるようになってきています。インサイドセールスと呼ばれるその手法は、通信手段を上手に活用して効率的に営業を行うことができるとして採用事例が増加する傾向にあります。顧客と直接対面して行う従来の営業をフィールドセールスといいますが、インサイドセールスはこれに対し、非対面形式で製品プロモーションなどを行います。

具体的には、電話やダイレクトメール、電子メールなどを活用しますが、近年ではインターネットを使った情報発信技術の高度化に伴い、SNSサービスやウェブ会議システムなどを使って行うこともあります。いわゆるテレマーケティングとも一部重なりますが、テレマーケティングが相手との一時的な接触に終わることが多いのに対し、こちらはいわゆる「得意先回り」をそのまま受け継ぐような形で、継続的な関係を築くことを目指しているという点に特徴があります。インサイドセールスは離れた場所からでも顧客にアプローチできるため、直接訪問する際の移動時間が必要ありません。その分、接触する顧客の数を増やしたり、プロモーションのための時間を増やしたりすることで、業務の効率化及び高度化を実現することができます。

加えて、遠隔地の顧客とも接触できるため、新規開拓の余地が広がるというメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です