インサイドセールスとはどういったものか

インサイドセールスとは様々な方法で集まった見込み顧客に対して、主に遠隔で営業活動を行う手法を言います。いわゆるステイホームが一般的になる中で直接的なマーケティングが好まれないケースが増えているため、インサイドセールスの重要性は高まっています。具体的には電話、メール、ウェブでの会議システムなどを利用することが多いです。時間や場所に縛られることなく利用できることが最大の長所となっており、実用性の高い営業手法として関心を集めています。

元々はアメリカ発祥のスタイルであり、国土面積が広いアメリカとマッチしていました。インサイドセールスの最大のメリットは無駄な時間を減らせるということです。従来のマーケティングでは商談時間をとにかく長くとるということが多くありましたが、実際に必要な時間以上に長くかけてしまっているケースが多く、取引先にも大きな負担を与えていました。インサイドセールスの場合にはそういった時間を削減できるので、有意義に活動を行うことができます。

加えてサブスクリプション型のスタイルとの相性も抜群です。サブスクリプション型では利用者の導入コストや運用コストを抑えることが出来るため、導入に時間がかかってしまっては本末転倒です。その導入にインサイドセールスを採用すれば、無駄なく動いてもらうことが出来ます。顧客の負担を最低限にして、自社のリソースにも無駄がないことからこの営業手法が注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です