インサイドセールスを実施するナーチャリング

インサイドセールスを主導的に行う業務をナーチャリングと言います。フィールドセールスが商談やヒアリングを行い、インサイドセールスがナーチャリングを担当することになります。ところが、見込みの低い客はこのままではなかなか売り上げに繋がりません。そこで見込みの低い客をインサイドセールスの担当に戻すという手法がとられることがあります。

このように専門領域を保ちながらも連携を取ることによって、効率よく成約を狙っていくことが出来ます。その結果、それぞれの強みを生かせるようになります。さらに従来の営業部隊を残すことが出来るため、導入も難しくありません。見込み率をアップさせながらも高額商材などを売ることが可能であり、高い実績を上げたい企業にもうってつけです。

ただし、急遽インサイドセールスを導入することには少しのデメリットがあります。デメリットをカバーしてメリットを十分に生かせるようにすることが大切です。デメリットの1つは担当者が急に変わることにより、顧客が戸惑ってしまうことですが、これは引継ぎを正確に行うことによってカバーできます。インサイドセールスを導入する際には、担当者ごとの線引きを明確にしましょう。

線引きが明確でないと様々な要素が混ざり合ってしまいます。そうなると結局全てを同時に行っているのと同じです。役割分担をしっかりと行い、無駄なくサービスを続けていくことが企業の成長にもつながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です