多くの企業が導入しているインサイドセールスとは

これまで多くの企業ではスタッフが直接的に顧客を訪問する営業スタイルが一般的でした。スタッフが実際に顧客を訪問して対面で行う営業スタイルは、フィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれています。インターネットを通して対面で行われるオンラインセールスもフィールドセールスの一種です。スタッフが直接的に対面で行う営業スタイルは、時間と手間がかかるというデメリットが存在します。

1日に使える時間は限られており、取引成立の可能性が高い顧客から優先的に営業活動を行わなければなりません。企業の営業担当スタッフの数は限られているため、フィールドセールスだけだと重要度の低い顧客のニーズを取り逃す可能性があります。多くの業界において市場は飽和状態にあり、売上を増やすには細かなニーズも積極的に拾わなければなりません。しかしフィールドセールスのみに頼っていると、スタッフの数や時間が限られているため売上を増やすのは困難です。

インサイドセールスは電話やメール、チャットなどを使い非対面で行う点に特徴があります。スタッフが直接的に訪問しないので、多くの顧客に対して継続的な情報発信を行うことが可能です。インサイドセールスによって重要度の低い顧客ともコミュニケーションを取り続ければ、細かなニーズも拾い上げることができます。効果的に売上を増やすためにはフィールドセールスとインサイドセールスの連携が重要です。

多くの企業では顧客の成約意欲を高めてフィールドセールスに引き継ぎ効率的に案件を受注するため、インサイドセールスを導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です