インサイドセールスはスタッフの負担を軽減します

営業担当のスタッフは顧客リストの作成やテレアポの他に企画書の作成や見込み客への情報発信、訪問商談など様々な業務をこなさなければなりません。クレーム対応や既存の顧客へのアフターフォローなども重要な業務です。アポイントの獲得や案件化、提案や受注などを1人のスタッフが行うには手間と時間がかかります。営業担当のスタッフは様々な業務をこなさなければなりませんが、1日に使うことができる時間は限られています。

実際に顧客を訪問して営業活動を行う方法では、全ての顧客に対応できず取引を逃してしまう可能性があります。スタッフが顧客を訪問する従来の営業スタイルはフィールドセールスやアウトサイドセールスなどと呼ばれています。フィールドセールスは対面で行われるのが特徴で、状況に応じてきめ細かなサービスを提供できます。外勤型のフィールドセールスは時間と手間がかかるので、必然的に重要度の高い顧客に集中して営業活動を行うことになります。

フィールドセールスでは見逃してしまっていた細かなニーズも、内勤型のインサイドセールスを導入すれば拾い上げることが可能です。インサイドセールスはスタッフが直接的に顧客を訪問するのではなく電話やメール、チャットなどを使い非対面で行われます。スタッフが実際に訪問する必要がないため時間と手間がかからず、多くの顧客に対して継続的な情報発信ができます。インサイドセールスは案件化に至るまでの営業プロセスの一部を担当し、顧客の成約意欲を高めてからフィールドセールスに引き継ぎます。

負担が軽減されたスタッフは、重要度の高い顧客に集中的な営業活動を行って売上を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です