営業支援システムの特徴について

営業支援とはスタッフの負担を軽減して生産性を高めたり、スタッフ間や部署間の連携を緊密なものにするための活動です。多くの企業では効果的な営業活動よって売上の増加を図るため、積極的に営業支援を行っています。営業スタッフは顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成の他に見込み客への情報発信や訪問商談など様々な業務をこなさなければなりません。顧客リストや見積書の作成、スケジュール管理など定型的な業務はツールを使って自動化すればスタッフの負担を軽減できます。

効果的な営業支援を行うため広く使われているツールがSFA、SalesForceAutomationです。SFAは営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどと呼ばれています。このツールを使うと営業活動に関わる様々な情報を一元的に管理するだけでなく、定型的で繰り返し行われる業務を自動化することができます。顧客や案件などの情報を一元的に管理すれば、スタッフ間や部署間の連携が緊密なものになります。

個人の経験や勘に頼ることなく、蓄積されたノウハウに基づいて効果的な営業活動を行うことができます。情報やノウハウを組織的に共有するので、担当者が不在時のトラブルなどにも他のスタッフが柔軟に対応して顧客が離れるのを防げます。営業支援システムを使えば顧客リストの作成など定型的な業務が自動化されます。スタッフは煩雑な作業から解放されるので、営業活動に専念して生産性を高めることができます。

効果的な営業活動によって売上を増やすため、多くの企業でSFAを使った支援が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です