多店舗展開に向いているCRMとは?

会社の規模が大きくなると、支店や営業所など多くの拠点が存在するようになります。それぞれに配属された営業を同じレベルで管理することが、理想です。CRMとは、そのような多店舗展開しているような場合に有効な顧客管理ツールです。実際に管理するのは顧客ではなく、その接点です。

何らかの形で関係を持った接点の情報をデータとして蓄積して分析します。共通点を見つけ出し、良い結果が得られるパターンを見つけ出します。地域差が現れることがありますが、その辺を加味して、理想的な顧客像を見つけ出します。CRMとは、このような顧客像を見つけ出すために活用できるシステムのことで、それによって営業の活動を効率化できます。

この方法であれば多店舗展開しているような場合でもある程度の底上げが期待できます。顧客の傾向による差か営業能力による差かも分析できるかもしれません。顧客の情報を一元管理することができれば、開発やマーケティングの情報収集も容易です。CRMとは、部門間の情報共有にも使えるシステムです。

営業の日々の活動を入力して、現在の状況を把握することができます。その情報はリアルタイムで開発やマーケティングでも見ることができて、今後の活動に役立てることが可能です。部門間の会議を持つ必要もなく、生のデータが報告書以上の結果を示してくれます。この情報は本社だけでなく全ての拠点から収集されるので、確度の高いデータとなって管理することができます。

CRMとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です