使いやすいCRMとは

CRMは近年多くの企業で導入されており、営業部門は商談の結果をこのシステムに登録することが義務付けられている企業も少なくありません。その記録をもとに顧客に対する様々な商談方法を計画する企業も多くなっており、商談を成功に結びつけるための重要な情報源となっている場合も多いものです。しかし顧客の状況は刻々と変化しているため、過去の商談情報だけを頼り新たな商談の方針を決めると、これは誤った方向に向いている結果となることが多いものです。使いやすいCRMとは、過去の商談の状況を踏まえながら効果的に新たな商談に向かうための様々な情報を得られるものとなっており、そのためには様々なシステムの情報を連携することができる機能を持つことが必要不可欠となります。

その情報源は商談状況の中間レポートであったり、また社内の対策会議の議事録であったりと様々ですが、社内システムではこれらの情報が個別に管理されている場合も少なくありません。そのため実際には担当者が複数のシステムの情報を自ら集約し、これを取りまとめているのが一般的になっています。しかしそれでは担当者の業務量が増え、また見落としも多くなるため効率的な活動を行うことができないことになりがちです。使いやすいCRMとは、これらの情報を全てシステムが連携することができる仕組みとなっているものを指します。

すなわち使いやすいCRMとは本来のCRMの機能を飛び越え、様々なシステムの情報を効果的に連携することができるものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です