現状評価のために使うCRMとは?

CRMとは、顧客との関係を管理するために使うツールです。行動履歴や案件の進捗、コミュニケーションの結果を情報として入力して分析を行います。初めに行うべきことは、現状の評価です。今している活動がこれからも続けるべきか、それとも新しいことに挑戦すべきかを検討する課題にします。

例えばキャンペーンの結果が、あまり売上に貢献していないような場合です。同じようなことを続けているとなかなか継続して興味を維持することが難しく、飽きられることもあります。停滞しはじめたことがわかったら、何か変化をつけるか、新しいことに挑戦します。その結果を分析するためにフィードバックを入力します。

CRMとは、そのような解析に使うために使われます。このような解析を短いスパンで続けられると、効率的な営業戦略が立てられるようになります。無駄が減ればそれだけコストをカットすることができます。分析がなければこのような判断も難しくなるでしょう。

理想的なCRMとは、現場の状況をリアルタイムに社内で確認することができるシステムです。それがスピード感のある効率的な企業に求められています。なかなか最初のうちは確度の高い評価を得ることが難しいかもしれませんが、続けていくうちに意味のあるデータを導き出すことが簡単になるはずです。これから何が求められているかを知りたい時に活用できるシステムになります。

そして、その情報は会社の貴重な財産となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です