SFAとはどんなツールなのか

SFAとはセールスフォースオートメーションの略語です。見込み客に対して営業活動を開始するにあたって、受注から顧客化までを支援してくれるツールを指します。アポイントメントを取って訪問し、顧客の要望をヒアリングして提案書にまとめ、見積書を作成して契約に至るまでの一連の営業活動において、顧客データや案件データの管理はとても重要です。それらに付随してさまざまな事務業務も発生します。

SFAとはこれらの作業を自動化して情報を一元管理し、サポートしてくれるツールなのです。SFAの具体的な機能としては、顧客管理や案件管理はもちろんのこと、営業行動管理やスケジュール管理、そして日報作成や日報管理、さらには見積書や請求書の作成やデータ分析レポートなどが挙げられます。SFAを導入すれば、これまでのように営業員が日報を作成したり進捗状況を報告する必要はありません。煩雑な事務作業に時間を取られずに済むので、本来の営業活動に集中でき、売り上げアップが期待できます。

また、これまでの営業活動は個々の営業員のスキルに任せられていました。しかしSFAを利用すれば、営業活動に関する情報を蓄積したり、分析をおこなうことができるので、営業スキルの向上が期待できるうえに教育コストが削減できます。さまざまなデータを一元管理することにより、営業活動が可視化されるのです。リアルタイムでさまざまな情報を共有できれば、売り上げ予測やフィードバックなどにも活用できます。

SFAとは営業の生産性向上に大きく貢献してくれるツールだといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です