さまざまな営業シーンで活用しやすいSFAとは

利用者にとって使いやすいSFAとは、インターフェースが洗練さされているものです。マニュアルを読まなくても主要な機能が分かり、直感的に操作できることが条件となります。それを実現するには設計前にしっかり調査しなければなりません。技術が想定していない使い方をすることが多く、それを明らかにすることはエラーの回避にもつながります。

言い換えると、あらかじめ運用のスタイルに目星を付けておかないと、使いやすいと感じるものを選択するのは難しいです。運用のスタイルで一般的なのは、スマートフォンにインストールして携帯することです。その使い方に対応しているSFAとは、容量があまり大きくならないように配慮されているツールです。スマートフォンの大容量化が進んでいるとはいえ、大きすぎると入らない恐れがあります。

そのリスクを排除するために、クラウド型にするケースが多くなってきました。データ自体はクラウドに保管されており、スマートフォン側で行うのはその運用に過ぎません。ですから、基本となるツール部分の容量さえあれば、問題なく使えるというわけです。ブラウザ上で使うタイプならツールの本体分さえ不要にできます。

SFAとはこのように融通が利き、利用者の立場に立って設計されています。営業支援という形で貢献してくれるため、インバウンドとアウトバウンドのどちらにおいても有意義です。課題があるならその解決のために導入を検討してみてましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です