CRMを円滑に導入する方法

CRMは顧客情報を一元化し、企業内で情報共有することで営業の効率を上げることができます。導入を円滑に進めるためには、システムを利用するスタッフが使い方を理解すること、得られた情報の管理方法や活用方法を共有しなければなりません。企業の規模や目的に応じた機能を有するツールが大切で、過度の機能を有するものは必要ありません。また、現状社内で利用しているシステムとの親和性も大切なことです。

従来から利用している他のシステムとの連携ができなければ、CRMは単独の仕組みとなり社内で効率的に活用することはできないからです。CRMを導入すると業務改革がなされることもあります。顧客情報を営業部員及び関連部署のスタッフは業務改革のために業務のフローや各部署の役割が変わる可能性もあります。従って、経営陣はもちろん各部署のマネージャーがCRM導入について理解しなければなりません。

部署間で対立が起きないためにあらかじめ準備をする必要もあります。そして、CRMを導入してもすぐにビジョンや目標を達成できるわけではないので、目的に優先順位をつけてひとつずつクリアしていく考え方が良いです。PDCAを常に繰り返し、トラブルが起きた場合には都度改善をするようにします。従って、最初に最小限の機能を有する状態で導入し、ひとつの目的をクリアした後に追加で機能を追加していく方法がベストです。

最初からフルスペックの状態で導入すべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です