CRMと同時に利用するツール

CRMツールは顧客関係を管理するシステムです。つまり顧客と良好な関係を継続的維持するためのものです。そしてCRMと同時にSFAツールやMAツールも併用すると、より営業活動を強化することができます。当然システム導入にあたっては目的を明らかにしなければなりませんので、必ずしもSFAやMAが必要になるわけではありません。

営業部員と顧客の関連製を高めること、顧客へのアクションを密にすることなどを目的とする場合は、有効なツールです。CRMは顧客との情報管理をするものです。一般消費者の場合は、氏名や勤務先、役職などの情報を一元化して、その情報により最適な業務ができる土台となります。土台ができていれば実際の商談を円滑にする具体的な対応が必要です。

SFAを活用すれば商談方法や契約に至るまでの目標期間の算出、過去の商談の成功事例や失敗事例など、案件ごとの情報が集約されています。営業マンにとっては強力な支援ツールです。MAツールは、見込み顧客を探し商談につなげるためのシステムです。購入意欲のある対象者に対し、的確なメッセージをタイミングや効果的な方法で自動で届けるものです。

自社の商品やサービスに興味を持つ顧客へのアプローチなので成約率が飛躍的に高まるツールです。価値観の多様化や環境変化により、顧客の囲い込みや新規獲得などが難しくなっている昨今、CRMやSFA、MAツールを有効活用することにより、売上及び利益の向上を見込むことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です