今注目されているSFAとは

SFAとは営業支援システムのことを指します。従来の営業は、個人のトークスキルや縁故に頼ったものなど、努力や気持ちといった言葉で表現される営業論が多いものでした。SFAとはそういった漠然とした言葉で表現される部分を可視化し、具体化するためのツールです。営業担当者はまず、システムに日報や当日の営業進捗などの情報を入力します。

これをデータベース化し、管理者は分析を行うのです。SFAとはこうした営業の進捗や成績を把握し、適切なタイミングでヘルプを入れやすくします。成績優秀者のノウハウ共有や、営業が滞っている担当者に早い段階でアドバイスが可能です。営業担当者にもメリットがあり、SFAがあればわざわざ会社に戻って日報提出をしたり、書類作業を行わずクラウドで共有することが出来ます。

スケジュール調整や進捗管理だけではなく、分析やメール配信機能などを備えることもSFAは可能です。近年のこのシステムの発達は著しく、中にはAI搭載型のSFAも存在します。しかし、注意すべき点はSFAを導入しただけで営業成績がアップすることはない、という点です。社員が実際に情報を入力、分析し活用しなければどれほど優秀なシステムを入れたとしても、成績が伸びることはありません。

導入前には出来るだけ、現在の営業の問題点を洗い出しておくことをおすすめします。その上で、弱点をカバー出来るSFAシステムを検討し導入を行うべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です